ホーム >鉄道・バス >鉄道ジャーナル >鉄道ジャーナル2022年月2月号【新しい年を計る】【12月21日発売】

鉄道ジャーナル2022年月2月号【新しい年を計る】【12月21日発売】

出版社
鉄道ジャーナル社/成美堂
発売日
2021/12/21
在庫
在庫有り
販売価格
¥1,019 (税込)
ポイント
9pt

数量 カゴに入れる


商品仕様
ネコポス可
商品説明
特集:アフターコロナの 新しい鉄道とは、

○ 九州・山陽新幹線みずほ
○ コロナ禍を乗り越える鉄道会社の経営戦略
○ JR貨物の険しきアフターコロナ
○ 歴史に名を残す豪華臨時列車ことぶき

 世界的には新型コロナウイルス感染症の脅威に晒されたままの情勢のなか、九州新幹線は2021年3月に全線開業10周年を迎えました。およそ2年にわたる異常事態に各社は窮地に陥りましたが、だからこそ今までにない多様な取り組みが行われています。その様子を。朝の鹿児島中央から新大阪行き「みずほ604号」車中から報告します。

 厳しい状況に立たされた各社は、新たな経営戦略に乗り出しています。新幹線では、荷物輸送やオフィス車両への取り組みを進めています。リモートワークへの対応措置としてコワーキングスペースの提供にも力を入れ、インターネット予約に基づく柔軟な料金設定への機運も熟し始めています。このような、ハードソフト両面で繰り広げられている新施策を紹介します。
 博多~門司港間で土休日を中心に運転される「かわせみ やませみ」+「いぶさろう/しんぺい」は、もともと肥薩線の観光列車でしたが、災害で長期不通のため北九州で人吉球磨地方のアピールに努めているものです。手軽に体験できる機会でもあり、その様子をレポートします。
 鉄道史の連載は、「もはや戦後ではない」といわれた昭和30年頃の変遷を紹介しています。一方、昭和40年代に西日本で運転された、今や忘れられた感もある新婚旅行専用列車「ことぶき」のエピソードを発掘、当時の世相とともに紹介しました。

このページのトップへ