ホーム >鉄道・バス >特典付き商品 >RML256 筑波鉄道(下)【特典C付】

RML256 筑波鉄道(下)【特典C付】

作家
寺田 裕一
出版社
ネコ・パブリッシング
発売日
2021/09/21
在庫
在庫有り
販売価格
¥1,375 (税込)
ポイント
12pt

数量 カゴに入れる



商品仕様
ネコポス配送可
商品説明
筑波鉄道は、国有化された常磐線と水戸線を連絡するこ
とで茨城県筑波・真壁地方の交通の便を図るべく、1918
(大正7)年4月17日に土浦~筑波間が蒸気動力の鉄道と
して開業、同年9月7日には土浦~岩瀬間の全線が開業した
。1937(昭和12)年より内燃動力併用を開始、戦時中に常総
鉄道に合併されて常総筑波鉄道筑波線となった。
1960年頃の最盛期には土浦~筑波間の急行運行や社線車
両の小山乗り入れ(水戸線経由)が行われたほか、行楽シ
ーズンには上野(土浦経由)や日立(岩瀬経由)から国鉄
客車が筑波に乗り入れてきた。

1965(昭和40)年に同じ京成系の鹿島参宮鉄道と合併し
て関東鉄道筑波線となり、1979(昭和54)年には鉾田線
とともに筑波線が別会社に分離されて筑波鉄道(二代
目)となったが、1987(昭和62)年3月末日限りで全廃と
なった。上巻では路線の成り立ちを中心に解説、また
下巻では各駅の様子や歴代の車両を中心に解説する。

このページのトップへ