ホーム >鉄道・バス >特典付き商品 >RML254 豊橋鉄道田口線 【特典C付】【7月19日発売】

RML254 豊橋鉄道田口線 【特典C付】【7月19日発売】

作家
清水武
出版社
ネコ・パブリッシング
発売日
2021/07/19
在庫
残りわずか
販売価格
¥1,375 (税込)
ポイント
12pt

数量 カゴに入れる



商品仕様
ネコポス配送可
商品説明
豊橋鉄道田口線(本長篠~三河田口間22.6km)は、
愛知県東部の奥三河地域(現在の新城市~設楽町)に
1968(昭和43)年8月まで存在した地方鉄道である。
1932(昭和7)年12月に「田口鉄道」として全通した創業
以来の電化路線(軌間1,067mm)で、後に戦時買収に
より国鉄飯田線の一部となった豊川鉄道・鳳来寺鉄道
とは姉妹会社であり、車両の直通運転は
両鉄道が国有化された後も長年続けられた。

沿線の北・南設楽郡は長野県境に位置し、山々に囲まれた豊川水
系寒狭川沿いの地域として人口希薄ではあったものの、名刹鳳来
寺への参拝客輸送及び宮内省の管理する御料林搬出の手段とし
て重宝された。1956(昭和31)年10月には名鉄傘下の豊橋鉄道と
合併、その田口線となったものの、高度経済成長期に入ると沿線住
民の流出、マイカーの普及、森林資源の減少により旅客・貨物の減
少が続いた。さらに施設の老朽化や水害など自然災害の多発が追
い打ちをかけ、1968年8月31日限りで全線の営業が廃止された。

このページのトップへ