ジャンル

ホーム >鉄道・バス >専門書・機関誌・社史 >釧路市立博物館 >釧路市立博物館ブックレット 尺別駅と直別駅

釧路市立博物館ブックレット 尺別駅と直別駅

作家
石川 考織 編著
出版社
釧路市立博物館
在庫
在庫有り
通常価格
¥500 (税込)
販売価格
¥500 (税込)
ポイント
4pt

数量 カゴに入れる


商品仕様
B5判
46ページ 
2019年9月刊
商品説明
2019(平成31)年3月16日、JR根室本線、尺別駅・直別駅が廃止されました。
炭鉱会社の請願で1920(大正9)年に開駅、石炭とともにあゆんだ尺別駅。
釧路・十勝の境に1907(明治40)年に開駅、木材などの出荷でにぎわった直別駅。
閉山や過疎化、駅の無人化などを経て、約一世紀、地域の玄関として、両駅は
その役割を果たしてきました。
当館では両駅の歴史を記録し後世に伝えるべく、博物館では3月2日から4月6日、
ミニ企画展「尺別駅と直別駅」を開催しましたが、展示終了後も両駅について
問い合わせも多く、展示内容をもとに、開催中・後にお寄せいただいた資料、証言、
追加調査で得られた内容を加え、9月15日(日)から冊子として販売を開始しました。

尺別駅・直別駅の歴史、駅年表、駅利用者・鉄道マンの思い出集(8名)
資料編(1968年当時の時刻表、駅構内配線図、開業から1986年までの乗降人員・
貨物数量、通学利用者人数、石炭輸送に関する国鉄釧路鉄道管理局報、
駅周辺の地形図・空中写真など)

【目次】

・尺別駅

・直別駅

・尺別駅・直別駅年表

・尺別駅・直別駅の思い出

・尺別駅・直別駅、最後の日

・参考資料

・参考文献

このページのトップへ