ホーム >鉄道・バス >RMライブラリー >【僅少・品切れ本】RML49 全盛期の大阪市電―戦後を駆けた車輌たち

【僅少・品切れ本】RML49 全盛期の大阪市電―戦後を駆けた車輌たち

作家
宮武 浩二
出版社
ネコ・パブリッシング
発売日
2003/08/1
在庫
残りわずか
通常価格
¥1,100 (税込)
販売価格
¥1,100 (税込)
ポイント
10pt

数量 カゴに入れる


商品仕様
B5/48ページ

※出版年月日の古い商品の為、日焼けやシミ、表紙スレ等ある場合があります。
ご了解の上、御購入下さい。
商品説明
1903(明治36)年9月12日に花園橋から築港まで運転を開始して100周年となる大阪市電。その誕生から、戦災からの立ち直り、栄光の時代、衰退の時代まで、戦後を駆け抜けた大阪市電の車輌の歩みを掲載。

このページのトップへ