ジャンル

ホーム >鉄道・のりもの >書籍 >RML231 北陸鉄道金名線

RML231 北陸鉄道金名線

作家
寺田裕一
出版社
ネコ・パブリッシング
発売日
2018/10/20
在庫
在庫有り
通常価格
1,250円 + 100円(税)
販売価格
1,250円 + 100円(税)
ポイント
12pt

数量 カゴに入れる


商品仕様
B5/48頁
商品説明
北陸鉄道金名線は石川県南部山間部の白山下駅から、手取川の流れに沿って加賀一の宮駅までを結んだ鉄道です。1926(大正15)年の開業当初は金名鉄道と称しましたが、この鉄道名は「金沢」と「名古屋」から一文字ずつとった大変壮大なものでした。戦時中には石川県内の多くの私鉄が統合されて北陸鉄道が設立され、金名線もその一員となりました。特に金名線は、線路が接続する石川線、能美線とともに、「石川総線」と称されたこともありました。
能美線と同じく自動車の普及による利用者とともに昭和40年代には朝夕のみの運行となりました。1984(昭和59)年には運転を休止、以後列車が運行されることなく、1987(昭和62)年に全線が廃止されました。

このページのトップへ