ホーム >鉄道・のりもの >自費出版・同人誌 >2010-2018 渋谷駅上空観察-空撮でみる渋谷駅の変遷-

2010-2018 渋谷駅上空観察-空撮でみる渋谷駅の変遷-

作家
吉永陽一
出版社
吉永陽一
発売日
2018/08/12
在庫
在庫有り
通常価格
1,950円 + 156円(税)
販売価格
1,950円 + 156円(税)
ポイント
19pt

数量 カゴに入れる


商品仕様
B5横/56ページ 
商品説明
-ご挨拶-

ターミナル駅は、何かしらいつも工事しているイメージがあります。渋谷駅も
そのひとつ。もう何年も前から大規模な再開発工事の真っ最中です。
 私は2010年から渋谷駅を空撮しています。なぜ2010年かというと、駆け出しの頃に比べて空撮に余裕が出来、ちょうどヒカリエが建設開始となったからです。
それからことある度に小型機で飛び、グルグルと駅を中心に旋回しながら、渋谷駅の変化を記録してきました。この表紙を広げると2010年8月と2018年7月に空撮した定点観測があります。
 本誌は時系列を追って渋谷駅の変遷を56ページにわたって紹介します。
8年間分沢山空撮していますが、多くを載せると一枚が小さくなってしまうため、かなり絞りました。
 渋谷駅はまだまだ再開発中です。きっと来年はもっと違う光景となっていきます。
 これからも上空から記録していくので、また数年後に発表出来たらと考えています。
 では、どうぞ駅の変化をお楽しみください!

このページのトップへ