ホーム >鉄道・のりもの >CD DVD BD >パーミルクラブ >残しておきたい鉄道風景 大阪の国鉄形電車 103・201・205系 ブルーレイ

  • NEW

残しておきたい鉄道風景 大阪の国鉄形電車 103・201・205系 ブルーレイ

出版社
パーミルクラブ
在庫
残りわずか
通常価格
2,500円 + 200円(税)
販売価格
2,500円 + 200円(税)
ポイント
25pt

数量 カゴに入れる


商品仕様
収録時間 119分
商品説明
関西本線、おおさか東線の103系は吹田総合車両所奈良支所の黄緑色6両編成で、森ノ宮支所から201系が追加転入したことから2018年1月24日を最後に同線での定期運用を終了した。大阪環状線、桜島線の201系は吹田総合車両所森ノ宮支所のUSJラッピング及び橙色8両編成で、現在も運用されている。
阪和線の205系は吹田総合車両所日根野支所のスカイブルーライン6両編成で、225系5100番台への置き換えにより2018年3月17日のダイヤ改正を機に同線から引退した。

このビデオは、大阪国鉄形通勤電車を記録したもので、主に走行風景を収録している。関西本線・おおさか東線では黄緑色の103系を、大阪環状線・桜島線ではUSJと橙色の201系を、阪和線ではスカイブルーラインの205系0番台を撮影した。関西本線は大阪府と奈良県の県境付近、阪和線は天王寺-鳳間で記録した。201系では”さよなら交通科学博物館”及び”おかげさまで環状運転50周年”の記念ヘッドマークを掲出して走行するシーンも見ることができる。
※2014年に記録した。

このページのトップへ