ジャンル

ホーム >鉄道・のりもの >CD DVD BD >パーミルクラブ >残しておきたい鉄道風景 E351系特急形電車 特急スーパーあずさ 中央本線・篠ノ井線 ブルーレイ

残しておきたい鉄道風景 E351系特急形電車 特急スーパーあずさ 中央本線・篠ノ井線 ブルーレイ

出版社
パーミルクラブ
在庫
残りわずか
通常価格
2,500円 + 200円(税)
販売価格
2,500円 + 200円(税)
ポイント
25pt

数量 カゴに入れる


商品仕様
収録時間 119分
商品説明
E351系特急型電車は、1993年12月に登場したJR東日本初の振子式車両で、基本編成の8両と付属編成4両を併結した12両編成が特急”スーパーあずさ”に使用されている。JR発足後に登場した車両だが、老朽化が進行したことから代替を目的に登場した新型特急車両E353系が2017年12月23日から”スーパーあずさ”4往復で営業運転を開始した。そして、2018年3月17日のダイヤ改正からは全ての”スーパーあすざ”がE353系に置き換えられ、E351系は姿を消すことになった。

このビデオはE351系特急”スーパーあずさ”を中心に記録したもので、主に走行風景を収録している。また、2017年に開催された信州デスティネーションキャンペーンのイベント列車として運転された383系特急”諏訪しなの”や189系特急”木曾あずさ”そして2016年秋以降設定がなくなった189系”甲信エクスプレス”2018年1月25日を最後に引退したあずさ色編成の走行風景も挿入した。
※E351系は岡谷-茅野間の車窓風景も収録、特急”諏訪しなの”は中央東線で記録した。

撮影日:2018年3月17日
撮影:HD・4Kカメラ

このページのトップへ