ジャンル

ホーム >鉄道・のりもの >CD DVD BD >パーミルクラブ >残しておきたい鉄道風景 高山本線を行く 東海のキハ40系-2 ブルーレイ

残しておきたい鉄道風景 高山本線を行く 東海のキハ40系-2 ブルーレイ

出版社
パーミルクラブ
在庫
残りわずか
通常価格
2,500円 + 200円(税)
販売価格
2,500円 + 200円(税)
ポイント
25pt

数量 カゴに入れる


商品仕様
収録時間 119分
商品説明

キハ40系気動車とは、1977年に登場した国鉄一般形気動車で、キハ40形・キハ47形・キハ48形の3形式およびキハ41形などこれらの改造により発生した形式の総称である。国鉄分割民営化以降東海地域では登場時の首都圏色からJR東海色に塗り替えられたが、2011年よりキハ40形とキハ48形のうち5両がキユニ28形に準じた国鉄一般形気動車標準色に変更された。高山本線での運用は2015年6月で終了した。

このビデオは、2016年3月26日のダイヤ改正で姿を消した東海のキハ40系を高山本線岐阜-高山間で記録したもので、キハ48形に乗車したときの車内の様子と車窓および走行風景を収録した。乗車区間は美濃太田-下呂間で、キハ48形の旅と題して車窓風景をノ-カットで収録、カミンズ製エンジンを豪快に響かせて飛騨を目指す。また、岐阜-美濃太田間ではキハ40系混結6両編成の回送列車も収録している。

このページのトップへ