ジャンル

ホーム >鉄道・のりもの >CD DVD BD >パーミルクラブ >残しておきたい鉄道風景 475系・413系電車 信越山線の普通列車 ブルーレイ

残しておきたい鉄道風景 475系・413系電車 信越山線の普通列車 ブルーレイ

出版社
パーミルクラブ
在庫
残りわずか
通常価格
2,778円 + 222円(税)
販売価格
2,778円 + 222円(税)
ポイント
27pt

数量 カゴに入れる


商品仕様
収録時間 119分
商品説明

475系電車は、交流20.000V 60Hz区間と直流1.500V区間を直通運転するために1965年から製造された国鉄の交直流急行形電車で、幹線の優等列車の相次ぐ特急格上げや新幹線の開業で活躍の場を減らしていった。413系電車は、475系などの電装品・冷房装備・台車を再利用し車体を新造して誕生した交直流近郊形電車である。”妙高”は189系が定期運用される列車で、国鉄色とあさま色の車両が115系長野色と湘南色が活躍した。

このビデオは、2015年3月14日の北陸新幹線金沢開業に伴うダイヤ改正で並行在来線区間となった北陸本線及び信越本線の普通列車を記録したもので、475系・413系と、189系”妙高”及び115系の走行風景と北陸本線黒部-糸魚川間で475系直通列車に乗車したときの車窓風景を収録している。※並行在来線:北陸本線金沢-直江津間(収録区間は東富山-直江津間)、信越本線長野-直江津間。

このページのトップへ