ジャンル

ホーム >鉄道・のりもの >書籍 >機芸出版 >寝台列車の基地「尾久」1972-1975

寝台列車の基地「尾久」1972-1975

作家
北原昭一
出版社
機芸出版
在庫
在庫有り
通常価格
1,600円 + 128円(税)
販売価格
1,600円 + 128円(税)
ポイント
16pt

数量 カゴに入れる


商品説明
東北新幹線開業前の上野駅には東北・常磐・北陸・信越・上越方面と結ぶ
帖コリ列車が数多く着発。なかでも朝晩には多彩な夜行寝台列車や急行が
次々と姿を見せ、首都圏の玄関口に相応しい活況を呈していました。
そして上野方でその運転を支えていたのが尾久客車区と田端機関区。
尾久駅構内と一体化したこの広大な基地の中で、入線した車輌のさまざまな整備清掃が出発時刻まで行われていました。
10系や20系寝台車、583系寝台電車が輝いていた時代の「尾久」。
今から40数年前に寝台車の整備に関わった著者が当時の車輌運用、
上野-尾久間の推進回送、さらに人目に触れることが少ない寝台車セット作業、
ファンに興味深い各種のエピソードなども加えてまとめてみました。

このページのトップへ