ジャンル

ホーム >鉄道・のりもの >自費出版・同人誌 >しじまの森の三河山線

しじまの森の三河山線

出版社
臨B詰所
発売日
2017/12/30
在庫
残りわずか
通常価格
926円 + 74円(税)
販売価格
926円 + 74円(税)
ポイント
9pt

数量 カゴに入れる



商品仕様
B5/38ページ
商品説明
中部の巨大私鉄、名古屋鉄道。時の流れのなかで枝葉を伸ばし、かたや幾多の路線が枯れ落ちてゆきました。三河山線末端部、猿投~西中金間もまた三河鉄道によって開通しました。しかれども70年来の足助延伸の機会は絶たれ、レールバスが通った路は静寂の森の奥に眠りについています。
 本書が追うのは三河鉄道の北進に秘められた真意と託された理想、そして埋もれゆく遺構です。志半ばに瞼を閉じた小さな鉄道を後世に伝えたい、その想いで筆を執りました。

このページのトップへ