ジャンル

釧路炭田 炭鉱(ヤマ)と鉄路と

出版社
水公社
発売日
2014/09/20
在庫
残りわずか
通常価格
¥1,223 (税込)
販売価格
¥1,223 (税込)
ポイント
11pt

数量 カゴに入れる


商品仕様
A5/198ページ
商品説明
  2012年9月から14年2月まで連載、好評を得た北
海道新聞(釧路面)の「記憶の1枚・釧路炭田再発
見」。全70回のうち写真特集を除く64回と、2014年
1~3月の釧路市立博物館企画展「釧路炭田の炭鉱
と鉄道」にて収集・展示した記録写真107枚を収録し
ています。
  「石炭産業は輸送業である」...日本唯一の炭鉱鉄
道である太平洋石炭販売輸送(旧 釧路臨港鉄道)、
また閉山と運命をともにした雄別鉄道・尺別鉄道、
そして国鉄白糠線など石炭輸送をテーマとした第一
部。「なぜ釧路には日本唯一の坑内掘り炭鉱がある
のか?」 太平洋炭砿(現 釧路コールマイン)の炭鉱
マンの奮闘をはじめ、惜しくも閉山していった雄別
や尺別など釧路炭田の各ヤマ、その仕事や暮らしに
迫る第二部。
 どちらも関係者への丹念な取材と資料調査をもとに迫るルポルタージュです。

このページのトップへ