ジャンル

ホーム >鉄道・のりもの >書籍 >RML179 EF18形電気機関車

RML179 EF18形電気機関車

作家
小林正義
出版社
ネコ・パブリッシング
発売日
2014/06/21
在庫
残りわずか
通常価格
1,250円 + 100円(税)
販売価格
1,250円 + 100円(税)
ポイント
12pt

数量 カゴに入れる


商品仕様
B5/48ページ
商品説明
国鉄EF18形電気機関車は第二次大戦からの復興期である1951年に3輌のみが製造された貨物用の機関車です。
通常の機関車は1号機から起番されますが、この形式は32~34号機という特異な番号の付け方でした。これは、当時旅客用として量産されていたEF58形のうち、32~34号機になる予定の3輌が、完成間近で当時の占領軍の政策に合わせて貨物用に変更されて竣功したためです。そのため、EF58形は32~34号機が欠番になりました。
形態は旅客用のまま竣功したため、日本の貨物用電気機関車としては珍しく2軸の先台車に大きなデッキを持っていました。東海道本線の貨物列車牽引を中心に使用されましたが、1968年頃から静岡地区の短距離の貨物列車牽引は浜松地区の入れ換え用となり、1979年には全機廃車、解体されました。
本書ではこのEF18形について、その誕生から廃車までを、多数の細部写真とともに解説したものです。

このページのトップへ