書泉メルマガ Twitterアカウント 取材のお申込みv
  1. HOME
  2. ピックアップ
  3. 『江戸城と大奥 サライの江戸 『江戸始図』でわかった“家康の城”の全貌』好評発売中!
一般書 ピックアップ

『江戸城と大奥 サライの江戸 『江戸始図』でわかった“家康の城”の全貌』好評発売中!

取扱場所 / 販売日時

グランデ(神保町) 4F お問い合わせ

好評発売中!

江戸文化歴史検定を受検される方は是非ご覧下さい。

出版社

小学館

江戸時代に興味ある方は是非ご覧下さい!

江戸城と大奥の新事実をCGで再現!新資料「江戸始図」を元に3DCGで再現された家康時代の天守から、知られざる大奥女性の生活まで、研究でわかった江戸城のすべてがこの1冊に!

『江戸城と大奥 サライの江戸 『江戸始図』でわかった“家康の城”の全貌』好評発売中!

〈 書籍の内容 〉

江戸城と大奥の新事実をCGで再現!新資料「江戸始図」を元に3DCGで再現された家康時代の天守から、知られざる大奥女性の生活まで、最新の研究でわかった江戸城のすべてがこの1冊に! 超高精細CGによる初代江戸城の全貌や、再建されなかった正徳度を含む歴代4天守完全比較など、当時の江戸城の姿が鮮やかに甦る。また、詳細な図面やCGで解説する本丸御殿の構造と将軍や御台所の一日、「豊田家文書」でわかった大奥の新事実、さらには、意外に厳格だった「将軍の床入りのルール」から風呂もトイレも役職で異なる大奥女性の生活など、江戸城をそこに暮らす人々の視点から徹底解剖。巻頭企画は、直木賞作家・門井慶喜氏(『家康、江戸を建てる』『銀河鉄道の父』)と奈良大学・千田嘉博教授による「江戸始図」をめぐる対談。特別付録には、万治2年(1659)に再建された本丸全体を描いたとされる「江戸城御本丸御表御中奥御大奥総絵図」を収録。
〈 編集者からのおすすめ情報 〉
特別付録の「江戸城御本丸御表御中奥御大奥総絵図」は、原図のほか、今の東京地図を下敷きに書き下ろした詳細図、現代版「江戸城御本丸御表御中奥御大奥総絵図」にも注目してください。歴史小説や時代劇がもっと楽しくなります。

江戸文化歴史検定を受検される方にもオススメです!

発売日:2018年6月5日

価格:税抜1,700円

発行:小学館

販売場所:書泉グランデ4階