書泉メルマガ Twitterアカウント 取材のお申込みv
  1. HOME
  2. ピックアップ
  3. 『宇宙に「終わり」はあるのか』好評発売中
アウトドア 一般書 ピックアップ

『宇宙に「終わり」はあるのか』好評発売中

取扱場所 / 販売日時

グランデ(神保町) 4F お問い合わせ

著者

吉田伸夫/著

出版社

講談社

◆「ビッグバンから138億年」は、宇宙の始まりにすぎなかった――。

◆未来の果てに、宇宙は「終わり」を迎えるのか? 宇宙の歴史は138億年だ。138億年という長い歴史の到達点に、私たち人類の誕生があるのだ。……このような話を聞いたことがあるかもしれません。確かに、宇宙は今から138億年前、ビッグバンで生まれました。では、宇宙はこの先どうなっていくのでしょうか? 宇宙が滅びるのは何億年先? 何兆年先? もし、遠い未来から現在という時点を振り返ってみたら、どのような時代に見えるのでしょうか? 

実は、「138億年」は、宇宙にしてみればほんの一瞬です。宇宙は、人類誕生までの138億年を序盤のごく一部として含み、この先少なくとも「10の100乗年」(10の100乗は、1の後に0が100個続く数)に及ぶ、想像を絶する未来を有しています。現在は、宇宙が誕生した「直後」です。「宇宙138億年の歴史」は、宇宙の始まりにすぎないのです。138億年が一瞬に思えるような、そんな遥か遠大な未来に、はたして宇宙は「終わり」を迎えるのでしょうか? 本書に、その答えがあります。本書は、宇宙に流れる「10の100乗年」の時間を眺め、人類の時間感覚とは全く異なる壮大な視点に立てる、知的冒険の書です。

2017年6月、趣味人専用書店「書泉」が主催するデザインイベント「Pages.」の第4弾が開催!

今回のテーマは・・・“宇宙(うちゅう)”です!

詳細はこちら