書泉メルマガ Twitterアカウント 取材のお申込みv
  1. HOME
  2. ピックアップ
  3. となりの野生動物
アウトドア ピックアップ

となりの野生動物

取扱場所 / 販売日時

グランデ(神保町) 5F お問い合わせ

著者

高槻成紀

出版社

ベレ出版

価格

1700円+税

動物の視点に立てば見えてくるものがある。
野生動物は、私たち人間にとって身近な「隣人」です。
私たちはその隣人のことをどこまで知っているでしょうか。
野生動物について考えるキッカケになる一冊。

[目次]

第1章 タヌキ―人に身近なゆるキャラ?(タヌキのイメージ
タヌキおやじ ほか)
第2章 ウサギ―唱歌「ふるさと」はどこに(かわいいうさぎ
臆病なウサギ ほか)
第3章 イノシシ―有蹄類の個性派(猪突猛進
農業とイノシシ ほか)
第4章 カヤネズミ―茅場にすむ小さな哺乳類(ネズミのイメージ
恐ろしいネズミとかわいいネズミ ほか)
第5章 アライグマ―「ラスカル」の顛末(アライグマという動物
ムジナだけでもややこしいのに ほか)
第6章 クマ―日本最大の猛獣?(クマのイメージ
クマという動物 ほか)
第7章 カモシカ―謎の多いウシ科(ナゾの動物
形態的な特徴 ほか)
第8章 サル―賢い野生動物のつらさ(ニホンザル
サルは熱帯の動物 ほか)
第9章 シカ―優美だが恐るべき草食獣(シカのイメージ
奈良のシカのこと ほか)
終章 動物から見た人―動物たちの言い分(動物のイメージと動物学的正確さ
動物たちの言い分 ほか)