書泉メルマガ Twitterアカウント 取材のお申込みv
  1. HOME
  2. ピックアップ
  3. すぐそこにある遭難事故
アウトドア ピックアップ

すぐそこにある遭難事故

取扱場所 / 販売日時

グランデ(神保町) 5F お問い合わせ

著者

金邦夫

出版社

東京新聞

価格

1,400円+税

― 奥多摩山岳救助隊員からの警鐘 ―

心せよ!アルプスでも奥多摩でも遭難事故は悲惨。

[目次]

すぐそこにある遭難事故
一〇〇メートル転落すれば剱でも奥多摩でも結果は同じ 侮るな「東京の山」。遭難件数は常に上位
当てのない捜索は東京ドームで一〇円玉を探すに等しい せめて登る山とコースを記したメモを残すべし
深刻な転落からの奇跡の生還 事故はまたしても奥多摩の「魔の場所」で起きた
この警告を何度でも言わせてもらおう「道に迷って沢に降りたら死ぬぞ」
同じ山ヤとしてあえて言う あなたたち、山岳会員としてもっとプライドを持て
野生動物の襲撃による遭難にも注意 山野井泰史君がクマに襲われた顛末を振り返ってみる
トレイル・ランニングでの遭難事故 トレ・ランはこれからの登山界の大きな課題のひとつ
御前山における遭難事故二題 「まさかこの山で」の行方不明でいまだ一人発見ならず

奥多摩山岳救助隊日誌抄
週休に「見つけましたよー」
春を待ちきれなかった人
四カ月ぶりにKさんは遺族のもとに
「稲村岩」哀歌
今年初めての山岳遭難
韓国と日本、その登山事情
はぐれ遭難の狩倉山
荒れたゴールデンウイーク
駅まであとわずかの無念の死