書泉メルマガ Twitterアカウント 取材のお申込みv
  1. HOME
  2. フェア
  3. 『魔法の門(ポルタ・マジカ)ローマに遺された錬金術象徴の秘密』関連書フェア
精神世界 フェア

『魔法の門(ポルタ・マジカ)ローマに遺された錬金術象徴の秘密』関連書フェア

取扱場所 / 販売日時

グランデ(神保町) 4F お問い合わせ

2022年08月05日(金) ~

2022年09月30日(金)

『魔法の門(ポルタ・マジカ)ローマに遺された錬金術象徴の秘密』関連書フェア!

本書に併せて錬金術関連書、大橋喜之さんの翻訳書やヒロ・ヒライさんの著書をそろえました。

この機会にどうぞご利用下さい。

場所:書泉グランデ4階

期間:2022年8月5日~9月30

 

『魔法の門(ポルタ・マジカ) ローマに遺された錬金術象徴の秘密』

ミーノ・ガブリエレ/著 大橋喜之/訳
出版社名 八坂書房
出版年月 2022年6月
税込価格 4,950円

【要旨】

謎をはらんで古都ローマの片隅に立つ、西欧錬金術唯一の「遺蹟」に、当代随一の碩学が挑む。さる錬金術師が姿を消す直前に残した謎文字が彫られたもの―など数々の風説をまとうこの門とともに名を伝えられる、侯爵パロンバーラとは何者か?スウェーデン女王クリスティーナやキルヒャー、数々の薔薇十字会員たちがバロック都市に残した交流の足跡と、中世以来の西欧錬金術の伝統的な寓意と象徴の世界をつぶさに訪ね、門の向こう側にひろがるイメージ豊かな“錬金術の都”へと誘うスリリングな論考。図版多数。

【目次】

第1章 錬金術師たちと王女
第2章 パロンバーラは薔薇十字会員であったのか?
第3章 「憂鬱気質」の詩人パロンバーラ
第4章 パロンバーラ荘の碑文の数々
第5章 「燭台」という象形図像
第6章 語る門と薔薇十字会員たち

終章

付録

販売場所:書泉グランデ4階

「SHOSEN ONLINE SHOP」