書泉メルマガ Twitterアカウント 取材のお申込みv
  1. HOME
  2. イベント
  3. 数学者 千葉逸人先生 集中講義『同期現象の数理』
数学 イベント

数学者 千葉逸人先生 集中講義『同期現象の数理』

終了しました。
開催場所 / 開催日時

グランデ(神保町) 7F お問い合わせ

2018年03月31日(土) ①16:00~17:30 

2018年03月31日(土) ②17:45~19:15 

2018年04月01日(日) 11:00~12:30

受講料:一般9000円,学生5000円
※電話、問い合せフォームからの予約の場合、一週間以内に受講料をお振込みください。
(お振込みが無い場合はキャンセルとなります)
各90分 全3回講義です。1回だけのご参加はできません。
お客様都合によるキャンセルのご返金は行っておりません。
欠席時の、振替講義はございません。
講師都合や災害、当社のやむを得ない事情により講義が開催されない場合に限り、返金いたします。

発券場所 / 発券日時

グランデ(神保町) 4F お問い合わせ

2018年02月21日(水) 10:00~2018/3/30 20:00

上記お問い合わせボタンへアクセス頂き、
お問い合せフォームより、イベント名【千葉先生講義】、お名前、電話番号、一般、学生かを明記し、お申込み下さい。
電話によるご予約も承ります。
※電話、問い合せフォームからの予約の場合、一週間以内に受講料をお振込みいただきます。
(お振込みが無い場合はキャンセルとなります)

数学者千葉逸人先生集中講義

同期現象の数理
日時:2018年3月31日(土)16:00~17:30,17:45~19:15(休憩15分)
   2018年4月1日(日)11:00~12:30
講師:千葉逸人(九州大学マス・フォア・インダストリ研究所 准教授)
受講費(全3回分)
一般:9000円
学生:5000円(会計時、学生証の提示をお願いします)

定員:36名(受講証番号順に着席していただきます)

知識レベルは高校生~大学1年程度です。

電話、問い合せフォームからの予約の場合、一週間以内に受講料をお振込みいただきます。
(お振込みが無い場合はキャンセルとなります)
各90分 全3回講義です。1回だけのご参加はできません。
お客様都合によるキャンセルのご返金は行っておりません。
欠席時の、振替講義はございません。
講師や災害、当社のやむを得ない事情により講義が開催されない場合に限り、返金いたします。

[講義内容]
多数集まったの同一の“モノ”たちが相互作用を及ぼし合うことによって
その足並みを揃えてしまう現象を同期現象という.
古くは壁に掛けた2つの振り子時計の同期が知られているが,
今日ではホタルの集団発光,ニューロンの発火,心臓の拍動など,
自然界の様々な場面で発見されている.
同期現象を説明するための代表的な数理モデルとして「蔵本モデル」が知られている.
講演ではごく簡単な数学の準備(1次元力学系の解析法)をした後,
蔵本モデルの解析を行い,「相互作用の大きさがある閾値を超えると同期が起こる」という有名な蔵本予想を導出したい.

講義詳細(PDF)
[千葉逸人 著書]
 「工学部で学ぶ数学 改定増補2版」(プレアデス出版, )

「ベクトル解析からの幾何学入門」(現代数学社)

 「非線形ダイナミクスとカオス」(丸善出版)S.ストロガッツ著, 田中久陽, 中尾裕也との共訳