書泉メルマガ Twitterアカウント 取材のお申込みv
  1. HOME
  2. イベント
  3. 数学・物理・情報シンポジウム【若手研究者・技術者と交流しよう!】
数学 イベント

数学・物理・情報シンポジウム【若手研究者・技術者と交流しよう!】

開催場所 / 開催日時

グランデ(神保町) 7F お問い合わせ

2019年07月04日(木) 18:30~20:30(開場18:15~)

発券場所 / 発券日時

数理学院HPよりお申込みください

日時

2019年7月4日(木)18:30~20:30(開場18:15)

会場

書泉グランデ7階

参加費

2000円(当日開場にて現金支払い)

参加申し込み

数理学院HPよりお申込み下さい⇒こちら

※書泉グランデでの店頭、および電話、メールによる申し込みはございません。

テーマ

基礎学問っていいよね!

今日は科学技術が発展し、先端科学を活用した華々しい話題で賑わっています。一方で、基礎学問は短期的な成果に結びつかないなどの理由から軽視されがちです。私たちは基礎学問がこれからの時代を作り出していく力を下支えするものだと考えています。

数学・物理・情報の異分野交流に立ち会ってみませんか?

一つのキーワードについて考えていても、実は数学・物理・情報ではそれぞれ異なる側面から考えていることがあります。そんな専門家たちが集まって一緒にディスカッションをするのが異分野交流です。分野の垣根を越えて話し合うことで、新しい価値観が生まれることも……

若手研究者・技術者に手軽に質問できる懇親会

当イベントでは懇親会を通して、若手研究者・技術者達に気軽に質問できる場を提供いたします! 実際に研究・開発に携わる専門家の熱意や苦労といった、リアルな話題をお伝えしていきたいと思います。

プログラム

  • 18:15~18:30 受付
  • 18:30~18:35 ご挨拶
  • 18:35~18:45 司会者紹介
  • 18:45~19:25 Lightning Talk
    • 複素多様体と代数多様体
      18:45~18:55  遠藤由隆(数理学院)
    • 複素多様体と代数多様体の定義や扱いは一見大きく異なるがチャウによって特定の条件下で両者は同じものである事が示されました。今回はその基礎的な部分を説明します。
    • 連続体仮説と独立命題〜無限の大きさを比べる〜
      19:00~19:10 依田大樹(数理学院)
    • 日常でもたまに出てくる「無限」という概念。実は数学的な研究対象でもあります。数学基礎論という分野の観点から、無限の『大きさ』に関する難解な部分 (連続体仮説) を説明します。
    • 量子計算における状態ベクトルの抽象と具体
      19:15~19:25 @ryuNagai(Liberal Arts Community)
    • 便利ゆえに無条件に用いがちな状態ベクトル(ブラケットベクトル)を関数ベクトルの視点でも少し深掘りしたり、現実の物理系でどうなってるのかについて説明します。
  • 19:25~19:35 休憩時間
  • 19:35~20:05 パネルディスカッション
  • 20:05~20:30 懇親会

主催団体紹介

Liberal Arts Community

Liberal Arts と AI・機械学習、量子コンピューティングなどの現代テクノロジーを絡めながら本質的な知識の探求・共有を目的としてイベント、セミナー、勉強会の企画を行っているコミュニティ。あらゆる分野のトップレベルのスペシャリストがカジュアルにコラボできるプラットフォーム作りに取り組んでいます。

株式会社シルフ・インスティテュート(数理学院)

株式会社シルフ・インスティテュートでは数学の専門知識を用いて、文献調査・レポート作成・ソフトウェア開発、ならびに数学塾『数理学院』の運営を行っております。学術領域のみならず、さまざまな領域で数学を利用する機会を自ら創出する企業を目指します。