書泉メルマガ Twitterアカウント 取材のお申込みv
  1. HOME
  2. コラム・メルマガ
  3. 「山担 星野のひとりごと」 私の好きな山旅 第57回 福島県 一切経山 と浄土平
アウトドア コラム・メルマガ
2016.12.08

「山担 星野のひとりごと」 私の好きな山旅 第57回 福島県 一切経山 と浄土平

 

福島県 一切経山 (1,949m) と浄土平

2016年10月28日から30日の3日間、福島県の一切経山(吾妻山)と浄土平への山旅をご紹介します。
毎回登山の1日目は雨の日が多く、今回も雨の中の山旅です。
一緒に旅をしている山友が雨男なのかもしれません!

1日目。
東京から新幹線で出発し16時頃、福島駅に到着しました。
当日の宿が決まっていなかったので、観光案内所で安宿を紹介してもらい、福島駅から、宿のある福島交通飯坂線の飯坂温泉駅へ向かいます。
駅から10分程ですぐ旅館に到着しましたが、着いたのが夕方で予約をしていなかったということで、旅館の夕食が出ず、外に食べに行くことにしました。

夕食を求めて飯坂温泉街を散策していると、誰でも入れる足湯や外湯、立派なホテルや旅館が数多くありました。
地元の人においしいものをきくと、餃子が名物とみんなが云っていた通り、あちらこちらに餃子屋がありました。
せっかくなので餃子を食べようと、店の前に足湯がある少し個性的なお店に入ったら、店内は人、人、人の満員状態。
芸能人の写真等も飾ってあり、有名店のようでした。
このお店で出てきた円盤型に盛られた餃子は、私が今まで食べた餃子の中でもピカイチのおいしさでした。
池袋の餃子会館にも出店しているそうです。(残念ながら、肝心の店名を忘れてしまいました…。)
1日目はおいしい餃子を堪能して、旅館に戻りました。
2日目。
早朝、旅館から福島駅にもどり、駅前でレンタカーを借り、まずは浄土平へと出発です。
浄土平への道路沿いにはりんご畑がひろがっています。

yama_57_01
▲山すそのりんご畑

途中、無人のりんご販売店で、山歩きで食べるためのりんごを2個買いました。
磐梯吾妻スカイラインをつかって1時間30分程で、浄土平レストハウスが管理している広い駐車場に着きました。
周辺は硫黄のにおいがたちこめていて鼻をつきます。
雨、風もあり、目の前の吾妻小富士はガスでまったく見られません。
駐車場には次から次へと観光バスが入ってきて、浄土平レストハウスの室内は登山客でごった返しています。
私たちは車の中で食事をとったり、これからの行動計画を話したりしながら、天候が落ち着くまで時間をつぶしました。
しばらくすると雨、風、ガスがおさまってきたので、出発しました。
一切経山の登山口までの湿原の木道を、先ほど買ったりんごをかじりながら進んでいくと、入れ違いに登山客がどんどん下ってきました。
やはり天候がまだ回復していないようなので、私たちも無理をせずここで断念して下ることにしました。

浄土平レストハウスに戻ると、近くにあこがれの小さな山小屋・吾妻小舎があるということで、気を取り直して訪ねてみることにしました。

yama_57_02
▲吾妻小舎

森の中にひっそりと建つ小屋は、ガスにつつまれてとても幻想的です。
せっかくなので1泊したかったのですが、さすがに予約がいっぱいだったので、諦めました・・・。
次回の来訪を楽しみにしながら、元々宿泊予定だった、ぬる湯温泉で有名な旅館「二階堂」へ車を走らせました。

紅葉の景色は下にいくほど鮮やかで、雨にぬれたことで一段ときれいです。

yama_57_03
▲紅葉まっさかり

旅館に向かって1時間以上車を走らせましたが、途中には民家もなく、人も車もみあたりません。
こんな山奥に本当にあるのかが不安になります。
すると、後方から数台のバイクツーリングの方がやってきたので、少し安心しました。

しばらくして紅葉のトンネルを走り抜けると、大正時代に建てたという、芽ぶき屋根のどっしりとした旅館「二階堂」さんに到着。

yama_57_04
▲秘湯の湯 二階堂

道路で一緒になったバイクの方も一緒で、今日の泊り客は8名ということでした。
さっそく名物のぬる湯温泉に入ってみましたが、本当にぬるくて、まるで水風呂でした。
横の湯船に40℃のお風呂があったので、交互に時間をかけて入りました。

温泉を楽しんでからの夕食は、山の幸がいっぱいでおいしかったです。
デザートに柿が丸ごと1個とナイフが出てきて、自分で皮をむいて食べるのも楽しい経験でした。

3日目はようやく天気も回復し、山道の間から一切経山が見えはじめました。
帰り際に、路方によってカメラに景色をおさめることができました。

今回は、山登りよりも、餃子がおいしかったことや、二階堂さんの歴史を感じる建築が印象にのこる旅となりました。

※一切経山は火山の山です。登山を計画する際は、噴火警戒レベルに十分注意するようにしてください。指導標にしたがって登れば安全ですが、噴火警戒レベルによっては、入山が規制される場合もあります。

<コース>
JR福島駅【自動車】 ⇒ 磐梯吾妻スカイライン【自動車】 ⇒ 高湯温泉【自動車】 ⇒ 浄土平駐車場【徒歩 1時間30分】 ⇒ 一切経山
※JR福島駅から浄土平駐車場までは、車で約1時間程度です。

★オススメ関連本★
■JTBパブリッシング「山歩き安全マップ8 南東北 尾瀬ベスト」  1,600円+税
yama_57_book01

■歴史春秋「ふくしまの山 ベスト50」  1,500円+税
yama_57_book02

<「山担」をご覧の方に、一足お先にイベント情報をお知らせ!>
2017年3月16日(木)『関東一円 古城址ハイキング』(著: 内田栄一/発行: 新ハイキング社)の発売を記念して、書泉グランデにてトークショーを行います! 詳細は書泉店頭・ホームページにてお知らせいたしますので、どうぞお楽しみに。

●登山について、お気軽にご相談ください。
「おすすめの登山ルートは?」「初めて山に登るならどこにいけばいい?」など、
登山(アウトドア)に関する疑問がございましたら、書泉グランデ5階アウトドアフロアまでお越しください。
山担当・星野が、ご相談にのらせていただきます。