書泉メルマガ Twitterアカウント 取材のお申込みv
  1. HOME
  2. コラム・メルマガ
  3. 5月2日配信 コミック・ライトノベル メールマガジン
コミック・ラノベ コラム・メルマガ
2016.05.02

5月2日配信 コミック・ライトノベル メールマガジン

ゴールデンウィークといえば映画ですね!
松竹さんが名付けたと言われている事もあり、この時期は映画が多く公開されていますね。

原作やノベライズもある『シビル・ウォー』『アイアムアヒーロー』『スキャナー 記憶のカケラをよむ男』『ちはやふる』などなど、面白そうなものが多くて迷います。
個人的には『ずっと前から好きでした。 告白実行委員会』も見たいですが、映画館内で確実に浮く未来が見えます。

というわけで、世間ではゴールデンウィークの真っ最中のようですが、書泉は年中無休で休まず営業しております。ライトノベルコーナーの榊原です!

暖かくなり、仕事→居酒屋→終電ギリギリを結構な頻度でやらかしているのですが、こんな可愛い終電だったら毎日乗りたいかも。

というわけでまずは講談社モーニングKC『終電ちゃん』(著:藤本正二)からご紹介です!

平日、東京駅を0:20に発車した中央線高尾行き最終電車は、終点の高尾に1:37到着となる。これは全国の鉄道で最も遅い。
そんな終電で熱心に乗客を送る存在、それが「終電ちゃん」だ。

ホームで眠る酔客をお越し、乗客トラブルは一刀両断。山手線や井の頭線との接続待ちにも立ち向かっていく。

そして乗客を無事に最寄駅まで連れて行く為に奮闘する終電ちゃんはこういうだ。
「お前たち、明日はもっと早い電車で帰るって約束しな!」と。

ノリノリの乗客と終電ちゃんとの掛け合いや、人情味のあるストーリー。
正直言うと、読む前はそんなに期待をしていませんでした。が、読んでみると、終電ちゃんのキャラクター(ツン99:1デレ)にどこかで会ったようななつかしさを感じ取れ、一瞬で落ちました。

中央線ユーザーは読むと朝晩の満員電車にちょっと落ち着いた気持ちで乗れるかもしれません。

終電ちゃん 1巻

発売日:3月23日
価格 :570円+税

続いてご紹介するのは、連休中は出かけたいけど予定がない、そんな方へオススメの一冊です!

ヒーリングだのパワーだのスポット的なしゃらくさいのは抜きにして、純粋に「寺」に足を運んで楽しんでみましょう!
ということで白好出版・ホワイトブックスよりより発売中の『てらめぐりぶ?』(著:森田季節:絵・漫画:風華チルヲ)をご紹介!

全生徒部活動参加が義務という女子高に入学してしまった帰宅部志願の少女・香深は、有象無象謎の部活がひしめく中、入部期限ギリギリになるまで、部活動を決めあぐねていた。

部員が集まらずに帰宅部結成ならずというところ、旧校舎にて「寺巡り部」なる立て看板を見つけてしまう。

不動明王に半ば脅されるような形で入部する事となった香深は「寺巡り部」の活動をすることとなるのだが……。

森田季節先生といえば、wikipediaでも言及されてしまうほど、個人ブログでの神社仏閣巡り記事が多い先生です。
そんな仏閣巡りの雄が書く『てらめぐりぶ?』は、西武球場駅の近くや関東圏内+京都方面をメインで紹介しているので、この連休中は本書を片手に行ってみるのも良いのではないでしょうか?

挿絵漫画ともに百合百合しくてよかったです!

てらめぐりぶ?

発売日;4月21日
価格 :1,300円+税

 

今回おすすめするのは「パン」ものです。

パン屋さんで売っているパンではなく、この作品ではコンビニなどで売っている「菓子パン」をメインに話が進みます。

甘食やステッィクパンを題材に持ってきたお話って初めて読んだかもしれません。

身近な菓子パンに焦点を当てたこの作品。ちょっと気になります。【担当:川村】

ふかふか放課後パンくらぶ 1巻

発売日:4月20日
価格 :562円+税

 
神保町・書泉グランデからは長谷見がお知らせします!

4月29日に開催いたしました「双葉社コミックスサイン本フェア」には、たくさんのご来店ありがとうございました!

この日は某他書店様でも大きなサイン本フェアがあったようで、朝お並びになってくださった人数は、想像を超えるほどではなかったのですが、向こうさんのフェアが終わってからかけつけてくださった方もたくさんいらっしゃいました。ありがとうございます!

さて、次は5月5日「サイン本フェア~ゴールデンウィーク編~」https://www.shosen.co.jp/fair/33604/、そして5月8日「BLサイン本フェア」https://www.shosen.co.jp/fair/33065/、とつづきます。

5日はイベント「ハイキュー!!バボカ!!書泉合宿!!」も決定!ゴールデンウィークも目白押しの書泉グランデに、遊びにきてくださいね。

最近は売場のスタッフのオススメで、「ヴィンランド・サガ」(講談社・幸村誠)を読んでます。ヴァイキングの物語、このテーマは、人によってはちょっと難しい印象があるかもしれません。でも、それをスムーズに読み手に投入するこの感じ、すごいものだなぁと感じながら読んでます。今、まだ5巻目を読んでいるところなのですが、作中のテンションのメリハリが強力で、ものすごく続きが気になる展開、最高です。

現在は17巻まで刊行中!ゴールデンウィークに一気読みもいかがですか?でも、私はもったいないので、一気読みはしません。一気買いをして、ゆっくり読むタイプです(笑)みなさんも、せっかくのこの時期、長編に触れてみるのも良いかもですよ。

今週もたくさんのご来店を、お待ちしております!!