書泉メルマガ Twitterアカウント 取材のお申込みv
  1. HOME
  2. コラム・メルマガ
  3. 「山担 星野のひとりごと」 私の好きな山旅 第14回 日光白根山
アウトドア コラム・メルマガ
2014.01.01

「山担 星野のひとりごと」 私の好きな山旅 第14回 日光白根山

(日光白根山 2,577m)

2011年11月。1泊2日の山旅です。

1日目。
登山ツアーバスにて、前日深夜に東京を出発。
朝、日光国立公園の丸沼高原にある日光白根山ロープウェイに到着しました。

朝食を済ませ、8時発のロープウェイでいっきに山頂駅へ。
乗客は私たちだけで、後に続いてくる登山者はいませんでした。
前日に雪が降ったらしく、山頂駅より100メートル程登った辺りから、
数センチの積雪があり、びっくり!

g2_yama14_01yukimichi.jpg
▲山頂付近の雪道

高度をあげていくと、辺り一面白銀世界になりました!
まさか、11月上旬のこのエリアで雪を見るとは思いませんでした。

g2_yama14_02tozando1.jpg
▲白銀世界になっていた登山道

休憩予定の大日如来避難小屋まで、1時間ほど歩きます。
6月頃に登山した時には、ここの登山道にはイワカガミの群落がありました。
ピンクの花がとても美しいです。

g2_yama14_03iwakagami.jpg
▲6月に登山道で見つけたイワカガミ

また、6月の登山の際には、山頂付近では野生の鹿もみることができました。

g2_yama14_04shika.jpg
▲6月に山頂付近で見つけた野生鹿

途中、七色平の分岐までは10分程で到着しました。
この辺りの積雪も10cm位あり、登山者の足跡もなく危険そうだった為、
七色平から引き返し、登山道を直進することになりました。
少し遠回りですが、こちらの登山道は、急登もなく安全です。

g2_yama14_05kanban.jpg
▲中腹の道標

大日如来避難小屋で休憩を済ませ、出発です。白根山山頂までは、登山道をあと2時間程歩きます。
標高2,000mを越えるあたりから、雪が降りはじめ、風も強く、顔に当たる度とても痛かったです。
悪天候に耐え、やっとの思いで山頂に立つことができましたが、山頂は視界も悪く、何も見えませんでした。
おまけにとてつもなく寒かったので、10分も留まることが困難でした。

宿泊予定の湯元温泉にいく下山道のルートも、積雪期は危険です。
予定を諦め、菅沼登山口に戻るルートに変更。下山を開始しました。

途中の急坂を慎重に下り、休憩地点の弥陀ヶ池まで50分程で到着。
菅沼登山口まで、樹林帯の中を黙々と下山しました。

宿泊先とは反対側に出てしまったので、湯元温泉に行くバスもタクシーもなく困っていたところ、マイカーで来ていた登山客の車に乗せていただくことができ、助かりました。

宿泊先を探している間にだんだんと暗くなってしまい、その日は、湯ノ潮周辺にあった旅館にとびこみました。
(とびこみで入った為、旅館名などを確認しておらず、こちらで紹介できず申し訳ありません…)

2日目。
始発の湯元温泉バス停より、東武日光駅行きのバスに乗りました。
車窓からは、中禅寺湖や周辺の紅葉を楽しむことができました。
とくに、いろは坂でみた紅葉は素晴らしかったです。

g2_yama14_06kouyou_s.jpg
▲いろは坂からみた紅葉

《ルート紹介》
丸沼高原日光白根山ロープウェイ⇒白根山山頂⇒菅沼登山口
⇒車にて湯元温泉⇒東武日光駅⇒北千住(東京)

《お勧めガイド本》
■山と渓谷社「ワンゲルガイドブックス03 東京周辺の山」2,000円+税
⇒詳細ページはこちら
g2_yama14_book_1.jpg

■下野新聞社「奥日光フィールド図鑑」1,300円+税
⇒詳細ページはこちら
g2_yama14_book_2.jpg

 

●登山について、お気軽にご相談ください。

「おすすめの登山ルートは?」「初めて山に登るならどこにいけばいい?」など、登山(アウトドア)に関する疑問がございましたら、書泉グランデ5階アウトドアフロアまでお越しください。

山担当・星野が、ご相談にのらせていただきます。