書泉メルマガ Twitterアカウント 取材のお申込みv
  1. HOME
  2. コラム・メルマガ
  3. 「山担 星野のひとりごと」 私の好きな山旅 第10回 唐松岳/五竜岳
アウトドア コラム・メルマガ
2013.10.01

「山担 星野のひとりごと」 私の好きな山旅 第10回 唐松岳/五竜岳

                                                          (唐松岳 2,696m / 五竜岳 2,814m)

夜行2泊3日(テント泊)の山旅です。

1日目。
夜行バスにて、リフトとゴンドラのある八方駅へ向かいます。
八方駅から、リフトとゴンドラを乗り継ぎ、終点の八方池山荘前に到着。
観光客に混ざって、遊歩道を進んで行くと、高山植物の咲く湿原があります。
五竜岳や鹿島槍ヶ岳などの景色を楽しみながらの、ゆっくりとした登山を楽しみました。


▲五竜岳全容

登るにつれて急斜面も多くなり、いよいよ本格的な登りになるのかと思うと、段々緊張してきます。
次の休憩地の扇雪渓で大休止します。登山客のほとんどがここで休憩していました。
7月なのに雪が残り、天然クーラーのよう。涼しくて、とても気持ちが良かったです。

次は丸山ケルンを目指し頑張って登ります。
多めに持参した水やテントが入った、重いリュックが肩にくいこみます。

丸山ケルンからは白馬三山がとてもよく眺められました。

休憩した扇雪渓から、1日目に泊まる唐松岳山頂山荘のテント場まで、1時間20分程で到着。
山荘でテント泊の手続きをして、テント場へ向かいます。

▲唐松岳山頂山荘とテント場

テント場は山荘の下にあります。
山荘近くはテント泊の人でいっぱいだったので、私たちは山荘から遠い下部に幕営することに。
その為、山荘にしかないトイレへ行くのに、往復30分もかかり、大変でした。

▲唐松岳山頂山荘とテント場

その日はテント泊だった為、夕食はコンビニで購入したおでんとインスタントラーメン、
ソーセージのまるかじりでした。
夜は、下から吹いてくる冷たい風と寒さで眠れませんでした…。

2日目。
五竜岳を目指し、唐松岳頂上山荘を早めに出発。すぐに牛首という荒々しい石稜帯に出ます。
ところどころナイフリッジ(※)もあり、クサリを伝ったりしながら慎重に下らねばなりません。
とてもこわい所でした。
クサリ場をすぎても、ざらざらした露岩帯がまたまた続くので、滑らないように注意して歩きましょう!
※ナイフリッジ:ナイフの刃のように切り立っていて、左右がすっぱりときれ落ちた岩稜のこと。

次に、大黒岳の鋭い岩峰の山腹をまいて、白岳に向かいます。
白岳から五竜山荘までは、20分くらいです。

五竜山荘のまわりに咲くクロユリがとても綺麗でした。


▲五竜山荘のまわりに咲くクロユリの花

唐松岳頂上山荘より五竜岳山荘までは、2時間40分かかりました。
テント幕営後、昼食のレトルトカレーを食べ、休憩を少し長めにとりました。
荷物をテントに置き身軽になって、いざ五竜岳へ出発。
五竜岳へ向かう途中にはハシゴやクサリ場もあり、とても手ごわかったです。
一時間程で頂上につき、後立山連峰の展望を楽しみました。
その後、この日は五竜山荘のテント場で一泊しました。

余談ですが、テント泊でのメニューは毎回悩みます。
(私はラーメンとおもちだけは絶対持っていきます!)

3日目。
五竜山荘をあとにして、遠見尾根へ向かいました。
白岳を登り返しいよいよ長い下山が始まります。
高山植物が多く、ゆっくり眺めたいところですが、崩れやすい急斜面やクサリもあり、注意が必要です。
周囲に岳樺の巨木が目立つようになってきたかと思うと、
すぐ、西遠見・大遠見山に着きます。
この辺りからは、鹿島槍ヶ岳が迫力ある姿をみせてくれます。休憩するにはベストの場所です。

▲遠見尾根からの鹿島槍ヶ岳

大遠見山から小遠見山を過ぎてから、リフトとゴンドラのあるアルプス平駅までは、2時間ほど歩きます。
アルプス平からは、「五竜テレキャビン」というゴンドラに乗り、エスカルプラザ駅へ。
終着点のエスカルプラザに無事到着しました。

帰りは、エスカルプラザからの無料シャトルバスで大糸線の神城駅へ向かい、
そこから新宿へと戻りました。

《コース紹介》
1日目: 八方駅~八方池山荘~唐松岳山頂山荘
2日目: 唐松岳頂上山荘~五竜山荘
3日目: 五竜山荘~大遠見山、小遠見山~アルプス平駅~エスカルプラザ~大糸線神城駅~新宿駅

《みどころ》
①後立山連峰でも人気の高い唐松岳と五竜岳。北アルプス登山入門者にオススメです。
②八方池に映る白馬三山や五竜岳の眺め

《紹介した施設の連絡先》
■唐松岳頂上山荘さん(長野県北安曇郡)
TEL: 090-5204-7876
※2013年度現在のご連絡先になります。変更になる場合がございますので、予めご了承ください。
■五竜山荘さん(長野県北安曇郡)
TEL: 0261-72-2002

《お勧めガイド本》
■エンターブレイン「ゲンさんの山めしおつまみ」1,260円(税込)
⇒詳細ページはこちら

■山と渓谷社「テント山行」2,079円(税込)
⇒詳細ページはこちら

■山と渓谷社「ワンゲルガイドブックス02 北アルプス北部」2,100 円(税込)
⇒詳細ページはこちら

●登山について、お気軽にご相談ください。「おすすめの登山ルートは?」「初めて山に登るならどこにいけばいい?」など、登山(アウトドア)に関する疑問がございましたら、書泉グランデ2階アウトドアフロアまでお越しください。
      
山担当・星野が、ご相談にのらせていただきます。