書泉メルマガ Twitterアカウント 取材のお申込みv
  1. HOME
  2. コラム・メルマガ
  3. 「山担 星野のひとりごと」 私の好きな山旅 第7回 白馬岳
アウトドア コラム・メルマガ
2013.08.27

「山担 星野のひとりごと」 私の好きな山旅 第7回 白馬岳

  白馬岳 2,932m

 

夜行2泊3日の山旅です。

《1日目》
夜行バスにて早朝栂池高原に着き、ゴンドラを利用して栂池自然園駅に向かいます。
ロープウェイからみえる白馬岳、後立山連峰が美しい!

当日はここからスタートです。
白馬大池を目指し、急な斜面をしばらく登っていきます。
天狗原手前の清流の涌く水場があり、そこで喉を潤します。
天狗原に到着すると、そこは湿原になっていて、アヤメやワタスゲが一面に咲いていました。
ナナカマドの木も多いので、紅葉のシーズンには、このあたりはすばらしい景色となることでしょう。


▲天狗原湿原

天狗原湿原を過ぎ、しばらく登ります。
さらに、巨石がゴロゴロした所や、雪渓が残っている箇所も過ぎると、平坦な乗鞍岳に出ました。
昼食を予定している白馬大池まではあと少しです!
ハイマツ帯を進むと、前方に白馬大池と雪倉岳が見えてきました。
歩きづらい巨石の上を注意しながらの歩行の末、やっと到着しました。

▲白馬大池と白馬大池山荘

池畔に建つ赤い屋根の白馬大池山荘にて昼食をとり、長めの休憩をしました。

いよいよ、白馬岳山頂と、宿泊予定の白馬岳山荘に向け出発。
しかし、2時間程度登ったところで、突然の大雨!
安全の為、白馬大池山荘へ戻り、1泊することにしました。
小屋では、他の登山客の武勇伝を聞いたりして、山の話で盛り上がりました。

《2日目》
2日目は朝から快晴でした。再び白馬岳山頂を目指し出発です。
白馬大地から2時間ほどで、小蓮崋山に着き、休憩をとります。
白馬岳も大きく見えはじめる登山道を行くと、高山植物が右、左に咲いていて、とても綺麗です。


▲ウルップ草(北海道の一部の山とハガ岳、白馬岳でしか見られません)

山頂までの歩行時間は約1時間30分程なので、
ここからは、時間をかけてゆっくりと進みます。
写真を撮るなど、稜線歩きを満喫しながらの歩きとなりました。
山頂では360度の大展望を楽しんだり、テラスでコーヒーを飲んだりと、ゆったり充実した1日でした。


▲白馬岳への稜線

《3日目》
早朝、朝もやの中、下山最終地である猿倉へ出発。
主要下山道は、3大雪渓のひとつの白馬大雪渓。
2日前の大雨のためか、落石がベンガラの上まで落ちていて、とても危なかったです。
遠くでカラコロと音をたてて落石がおきていて、何度も後ろを確認しながらの下山となりました。

1時間40分で白馬尻に到着。ここで休憩をとります。
この近くでは私の好きな花、キヌガサ草の群落があり、目を楽しませてくれました。


▲キヌガサ草 白馬尻で見られます。

1時間50分程で、猿倉に到着。東京へと戻りました。

今回の予定では栂池から白馬岳に登り、
2日目は日本最高所第4位の白馬鑓温泉に泊まってから下山の行程でしたが、
1日目の大雨で予定通りとはなりませんでした。
白馬鑓温泉への宿泊は、次の山旅の楽しみに、とっておきます。

《みどころ》
①白馬岳山頂からの360度の大展望
②種類豊富な高山植物 ※白馬岳では高山植物の種類の内80%をみることができます。
③ダイナミックな白馬大雪渓

《コースガイド》
栂池自然園→白馬大池→小蓮崋山→三国境→白馬大雪渓→猿倉

《紹介した施設の連絡先》
■白馬大池山荘さん(長野県白馬大池北西湖畔)
TEL: 0261-72-2002

■白馬山荘さん(白馬岳山頂直下)
TEL: 0261-72-2002 ※白馬大池山荘さんと経営が同じです。

《お勧めガイド本》
■山と渓谷社「白馬自然観察ガイド」899円(税込)
⇒詳細ページはこちら

■山と渓谷社「白馬・後立山連峰」1,890円(税込)
⇒詳細ページはこちら

■山と渓谷社「高山に咲く花」3,150円(税込)
⇒詳細ページはこちら