書泉メルマガ Twitterアカウント 取材のお申込みv
  1. HOME
  2. コラム・メルマガ
  3. 第11回「フォトムズ」レビュー
ボードゲーム コラム・メルマガ
2019.08.09

第11回「フォトムズ」レビュー

TRPG経験あり・ボードゲーム初心者の担当スタッフが初心者と経験者のまんなかへんから

ボードゲーム・TRPGなどの紹介・体験レポートをお届けするアナログゲームコラム!     担当:藏田

 

写真を撮るってムズカシイ!フォトムズ』 レビュー

 

今回ご紹介するのはコチラ! 『フォトムズ』!

動物が描かれている建物カードを配置して「理想の街」をつくる協力ゲームです

街を完成させたらスマートフォン等のカメラ機能を使って、写真を撮って確認します

プレイヤーごとに撮影のお題(フォトリスト)があり、撮らなければいけない動物、

撮ってはいけない動物が違うので建物を配置するときにはみんなでワイワイ相談しながら

遊べる楽しいゲームです

▲オシャレな洋風住宅が並び、いろんな動物がいる素敵な街を写真におさめよう

 

 

【ルールの基本】

各プレイヤーはカメラ機能付きのスマートフォンを1台ずつ用意します

シャッフルしたフォトリストを各プレイヤーに1枚ずつ配りお題を確認します

お題の内容は全プレイヤーで共有して大丈夫です

テーブルの真ん中に中央建物を配置、残りの建物はテーブルの端に1列にして並べておき、ゲームスタート!

▲中央建物(塔):この塔の周りに建物を配置していきます

 

手番になったプレイヤーは建物の列の先頭から3つ目までの建物の中から1つ選んで配置します

配置の際は席を移動せず手の届く範囲に配置することになります

また建物同士は触れてはいけません

建物から手が離れた時点で次のプレイヤーの手番になります

次のプレイヤーは残った建物の列の先頭から3つ目までの建物の中から1つ選んで配置します

▲塔の手前に柴犬とウサギがいる柵を配置

 

以下順番に各手番で建物を配置していき、未配置の建物が残り1枚になったら

全ての手番が終了になり、各自フォトリストのお題を満たせているか

写真を撮って確認します

 

ゲーム終了時に全プレイヤーが勝利条件を全てクリアできていれば目的達成です

条件を満たせない項目があれば全プレイヤーが失敗となります

 

満たさなければいけない勝利条件は以下のようなものになります

自身のフォトリストの動物をすべて写せている

 ※動物には★マークが描かれているので★が欠けないように撮影

自身のフォトリストの撮影禁止の動物が1つも写っていない

 ※動物の★マークが完全に隠れていればOK

撮影禁止のヘルメットをかぶったモグラが1つも写っていない

 ※ヘルメットの撮影禁止マークが完全に隠れていればOK

撮影した写真には、全ての建物が写せている

 ※建物の一部でも写っていればOK

 

▲お題が描かれたフォトリスト

プレイする人数によって表と裏でお題が分かれています

▲フォトリストでコイが撮影禁止となっているので

このままでは勝利条件を満たせません

▲手前に別の建物を配置してコイを隠したところ

 

建物カードの裏側にも同様のイラストが描かれているので

気をつけて配置しないと誰かの条件達成を邪魔してしまうかもしれません!

 

みんなで確認し合いながら建物を配置して条件を達成しましょう!

 

【実際のゲームのようす】

それでは実際に遊んでいきましょう!

今回は4人で遊びます。

各プレイヤーに配られたフォトリストはこちら。

▲1人目のフォトリスト

▲2人目のフォトリスト

▲3人目のフォトリスト

▲4人目のフォトリスト

 

ツバメやコイ、ペンギンなどが勝利条件と禁止項目で重複していますので

各方向から確認してもらいながら配置を進めていきます

 

▲ゲーム途中の街並み

 

みんな撮影禁止になっている動物やモグラを隠そうと

必死なので建物同士がかなり密集してきました

 

 

・・・実は今回のプレイ時に撮影した写真には、全ての建物が写っていなければならない」という

ルールをすっかり忘れて配置してしまいました。正しいルールで遊べていれば建物の配置が

もっと頭を悩ますものになっていたと思います

(レビュー記事として不完全なものになってしまいますがご了承ください!)

 

おかげでステキな街のはずがごちゃごちゃした街になっています(笑)

 

【撮影タイム!!】

未配置の建物が残り1つになった時点で配置は終了

各自自分の席から街を撮影して勝利条件を満たせているか確認します

 

実際にカメラを使って確認できるのはこの時だけなので

配置しているときは視線を変えながら目視で確認しながら配置しています

 

撮影時のルールは以下のようなものになります

席から移動することはできません

 ※座ったまま手の届く範囲で撮影

撮影時は必ず両手がテーブルに触れていなければなりません

撮影は1人1回のみで取り直し禁止

 

 

前述した通り撮影した写真には、全ての建物が写っていなければならない」ルールを

忘れていたために完成した、せまっくるしいショセンタウンの写真をご覧ください

 

 

 

(赤丸がフォトリストの勝利条件の動物、オレンジの三角が撮影禁止の動物です)

 

<1人目の撮影者の写真とフォトリスト>

▲黒猫、茶猫、オウム、柴犬、黒犬が勝利条件、ペンギンが撮影禁止です

ペンギンは写っていないのでOK

 

<2人目の撮影者の写真とフォトリスト>

▲ペンギン、黒犬、柴犬、アヒル、コイが勝利条件、ツバメが撮影禁止です

勝利条件は満たしていますが、モグラが写ってしまっています

残念ながら失敗!配置の時には気付かず、撮影の時にひょっこり見えたといっていました(笑)

 

<3人目の撮影者の写真とフォトリスト>

▲ペンギン、茶猫、白犬、黒犬、リスが勝利条件、白猫が撮影禁止です

白猫は写っていないですが、モグラが写っているので失敗!

 

<4人目の撮影者の写真とフォトリスト>

▲ツバメ、フクロウ、リス、柴犬、黒犬が勝利条件、コイが撮影禁止です

コイが写っていないのでOK

 

 

このように撮影した写真をみんなで見て勝利条件を満たせてているか確認し合います

今回はモグラが写ってしまっていたので残念ながら失敗!

 

【プレイしての感想】

いろんな方向から確認し合って配置していたのですが思わぬところに撮影禁止動物が

見切れていたりして、あーでもないこーでもないと相談しながらのプレイは

ワイワイ楽しめました!

どんどん街がせまっくるしくなっていくのも面白いですが、もっと見栄えの良い

街にできれば良かったなと思います

(ルールを忘れなければ、もう少し建物の間隔は自然と広くなっていたはず・・・)

テーブルに本や箱などで高低差をつくって遊ぶのもいいかもしれません

 

 

今回はプレイに参加してくれたメンバーにも感想をもらいました

自分の撮影のために、他の人がせっかく置いた建物を無駄にしてしまったりしましたが

 モグラが見えたり、撮影禁止動物が見えたり素晴らしい風景でした

 あと動物が可愛かったです!

皆で協力するゲームということで、対戦ものと違った難しさがあり楽しかったです

 モグラがとにかく厄介でした

自然と協力プレイになるのでボドゲ初心者や初対面の集まりに最適!

 ガチでやると厳しいと感じるルール(手を離したら配置終了とか)もあるので

 慣れるまでは緩く遊んだ方が面白そうです!

 

【商品データ】

フォトムズ

製造・販売元:ディアシュピール

価格:¥2,593(税抜き)

プレイ人数:2~6人

プレイ時間:20分~

対象年齢:6歳~

書泉グランデ3Fにて販売中!

 

【書泉通販での購入はこちらから】⇒通販ページ

 

TRPG、ボードゲームはグランデ3Fで!!